ICSニュース
ICS研究所の最新情報
  • プレスリリース
  • 村上 正志
  • 2016年9月1日

一般社員対象の制御システムセキュリティ対策基礎講座シリーズ
リリース開始

サイバーセキュリティ対策で一般社員の認識向上は、企業や公共機関にとって、重要な社員教育の項目になっている。特にプラントや製造システムを持つ事業所では「制御システムセキュリティ対策」の認識をあげてそれを維持していくのは苦労するところである。その対策としてICS研究所から「一般社員対象の制御システムセキュリティ対策基礎講座シリーズ」を9月中より開始する。このシリーズは、コンテンツをDVDでお渡しする方法で、社内のサーバーのフォーラムに顧客自身がセットして、一般社員が受講する方法をとっている。受講者人数は利用契約企業の社員であれば無制限。受講した後に用意されている認識テスト(Word形式)を受けて、教育管理者へ提出。教育管理者は採点し、人事評価に反映することもできる。

<一般社員対象の制御システムセキュリティ対策基礎講座シリーズ>

(1) 「制御システムセキュリティ対策のはじめ2016」約15~20分間のビデオ講座3本セット

社内で使用する範囲に限って受講人数無制限

供給品目
■ DVD(講座ビデオとドキュメントを収納)
 [ビデオ講座3本のコンテンツ内容]
 - 制御システムを標的にしたサイバーセキュリティ最新情報2016
 - 情報セキュリティと制御システムセキュリティの違い
 - 制御システムセキュリティ対策の全体像
■ ドキュメント
 - 取り扱い説明
 - 認識テスト(Word、PDF:電子データで扱えます)
価格
150万円(税抜き価格): 納品した月の翌月末現金支払い(口座振込)
注: 「制御システムを標的にしたサイバーセキュリティ最新情報」については、内容が古くなるので、先々アップデート版をリリース予定です。アップデート版をご希望のお客様は別料金にてご提供致します。
受付開始
2016年9月中より
申し込み方法
eICSのWebにて見積書要求及び申し込みできます。

(2) 「セキュリティ5S 2016」約15~20分間のビデオ講座3本セット

社内で使用する範囲に限って受講人数無制限

供給品目
■ DVD(講座ビデオとドキュメントを収納)
 ビデオ講座3本のコンテンツ内容
 - セキュリティ5Sの重要性について
 - セキュリティ5Sの進め方
 - セキュリティ5S活動事例2016
■ ドキュメント
 - 取り扱い説明
 - 認識テスト(Word、PDF:電子データで扱えます)
価格
150万円(税抜き価格): 納品した月の翌月末現金支払い(口座振込)
注: 「セキュリティ5S活動事例」については、内容が古くなるので、先々アップデート版をリリース予定です。アップデート版をご希望のお客様は別料金にてご提供致します。
受付開始
2016年9月中より
申し込み方法
eICSのWebにて見積書要求及び申し込みできます。

(3) 1と2のセット

価格
260万円(税抜き価格): 納品した月の翌月末現金支払い(口座振込)
注: 「制御システムを標的にしたサイバーセキュリティ最新情報」と「セキュリティ5S活動事例」については、内容が古くなるので、先々アップデート版をリリース予定です。アップデート版をご希望のお客様は別料金にてご提供致します。
受付開始
2016年9月中より
申し込み方法
eICSのWebにて見積書要求及び申し込みできます。

このシリーズは、「一般社員の認識育成問題をなんとか解決したい。」という顧客の要望で始めることになりました。受講者人数制限がありませんのでご契約していただいた企業の社員であれば、誰でも何度でも受講できる方法です。サイバーセキュリティですから、攻撃手法は今後も高度化してくるので、最新情報や対策事例などは今後アップデート版を出していくことになります。

このニュースについてのお問い合わせ

電話でのお問い合わせ(平日9時〜17時)
042-444-3926

土・日・祝日・年末年始は電話に出ることができない場合がありますので、予めご了承ください。
ダイヤルのかけ間違いにはご留意ください。

WEBでのお問い合わせ
お問い合わせフォームへ

このニュースの著者

代表取締役社長
村上 正志

1979~90年まで、日本ベーレーのシステムエンジニアとして電力会社の火力発電プラント監視制御装置などのシステム設計及び高速故障診断装置やDirect Digital Controllerの製品開発に携わる。
*関わった火力発電所は、北海道電力(苫東厚真、伊達)、東北電力(新仙台、仙台、東新潟)、東京電力(広野、姉ヶ崎、五井、袖ヶ浦、東扇島)、北陸電力(富山新港)、中部電力(渥美、西名古屋、知多、知多第二)、関西電力(尼崎、御坊、海南、高砂)、中国電力(新小野田、下関、岩国)、四国電力(阿南)、九州電力(港、新小倉、川内)、Jパワー(磯子、松島、高砂)、日本海LNG など

1990年、画像処理VMEボードメーカーに移籍し、大蔵省印刷局の検査装置や大型印刷機械などのシステム技術コンサルティングに従事。

1995年、デジタルに移籍し、SCADA製品の事業戦略企画推進担当やSE部長を務める。(2004年よりシュナイダーエレクトリックグループ傘下に属す)また、1999年にはコーポレートコーディネーション/VEC(Virtual Engineering Company & Virtual End-User Community)を立ち上げ、事務局長として、「見える化」、「安全対策」、「技術伝承」、「制御システムセキュリティ対策」など製造現場の課題を中心に会員向けセミナーなどを主宰する。協賛会員と正会員のコラボレーション・ビジネスを提案し、ソリューション普及啓発活動を展開。
2011年には、経済産業省商務情報政策局主催「制御システムセキュリティ検討タスクフォース」を進言、同委員会委員及び普及啓発ワーキング座長を務める。
2015年、内閣官房 内閣サイバーセキュリティセンターや東京オリンピックパラリンピック大会組織委員会などと交流。

2015年、株式会社ICS研究所を創設。VEC事務局長の任期を継続。世界で初めて制御システムセキュリティ対策e-learning教育ビデオ講座コンテンツを開発。

現在活動している関連団体及び機関
・公益財団法人日本適合性認定協会JABの制御システムセキュリティ技術審査員
・経済産業省の産業サイバーセキュリティセンター講師
・日本OPC協議会 顧問
・制御システムセキュリティ関連団体合同委員会委員
・日本能率協会主催「計装制御技術会議」企画委員